返済が遅れるとどうなるの?

ローン返済の支払日に残高不足で引き落としができなかったり、ATM入金が間に合わなかったりという延滞はうっかりありそうですが十分注意しなければなりません。
まず返済が遅れると銀行カードローンであれば保証会社、銀行系消費者金融であれば金融会社から支払いが確認できなかった旨の通知と入金の案内ハガキが送られてきます。
うっかり忘れてしまったなど後日あわてて利用者から電話をすると担当者が延滞の事実を調べて振り込みなどの入金方法を教えてくれます。
何時までにどの方法で返済するかを担当者に告げます。

このように電話連絡した場合でもハガキを止めることが出来ず送られることがあります。
もし、返済が間に合わない事が事前にわかるようなことがあれば、カードローン会社やサポートダイヤル等に電話でその旨を伝えましょう。
延滞の事実は勿論そのままですが、督促のハガキなどは止めることができますし連絡なしに延滞す返済不払いよりはずっと印象が良いでしょう。

またカードローン会社は不払い分の入金を確認するまで融資をストップします。
返済が間に合わなった場合遅れた日数分の遅延損害金が発生します。
遅延損害金利率は概ね20%となっていますが中には低め設定しているところもあり、借入金額が大きい程この遅延損害金に差が出てきます。
また3か月以上返済を延滞したり、延滞を何回も繰り返すなど悪質の場合はブラックリストに載ってしまったりとカードローン会社からの信用が下がり今後返済のみで借り入れが出来なくなることもあります。
返済は計画的に行い、万が一遅れてしまうようなことがあればすぐにカードローン会社へ連絡し誠実に対応しましょう。

help-about-2返済の負担が減らせます!借り換えローンの詳細はコチラ