返済が遅れそうな時はどうしたらいいの?

悪気が無くても事前に予想出来ないようなことで返済が間に合わないということもあり得ます。
返済が遅れることが判明した時点でパニックにならずになるべく早く特に返済期日前に借り入れをしているカードローン会社にその旨を連絡するし相談することが大切です。
知らないふりをしてやり過ごしたりごまかしたり絶対にしてはいけません。
正直に遅れる事実・その理由・いつごろ入金できるかを伝えるとカードローン会社も何らかの案を出してくれるはずです。

例えば、全額ではなくとりあえず利息分だけ返済、払える分だけ返済などです。
今は昔のテレビドラマのように厳しい取り立てなどは法律で禁止されていますので、家まで来て取り立てるということはしっかりした会社ならまずありません。
また、カードローンなどの借り入れの申し込みや途上与信の際に参考にする個人信用情報には遅延した事実が記載されてしまいます。
そうなると新規のカードローンなどあらゆるローンを組む際の審査でマイナスの評価になります。

実はこの返済遅延の事故情報は種類が分かれており、事前に連絡あり返済遅延した場合と連絡なしで返済遅延した場合では記載内容が変わってきます。
事前にカードローン会社に連絡することで、同じ返済遅延ではあっても連絡しないで放置するのとはカードローン会社が受ける印象は全く違います。
連絡して正直に報告することでまだ信用を落とさなくて済みますが事前連絡せず放置することはかなり悪質な遅延とされる可能性が高いです。

help-about-2返済の負担が減らせます!借り換えローンの詳細はコチラ