複数社申し込みの落とし穴

カードローンを申し込む際、一社では審査に通過出来ないだろうと複数の会社へ同時に申し込みを行う方も少なくないでしょう。
ですが、複数社申し込みは実は危険な行為となってしまうこともあるのです。
カードローンの申し込みは例え審査に落ちて契約をしなかった場合でも申し込みをしたという履歴が個人信用情報に登録されます。

そして金融会社側は審査の際に必ずこの個人信用情報を確認しますので、短期間のうちに複数の会社へ申し込みを行ったという事実から、信用出来ない人物と判断されてしまうことがあるのですね。
この申し込み履歴が残ったまま次の申し込みを行っても、審査結果は融資不可の繰り返しになってしまうでしょう。
複数社申し込みの判断基準は各社それぞれですが、一般的に2~3社までであれば問題無いとされているようです。
一ヶ月間に4社以上への申し込みは避けた方が良いでしょう。

また、以前は銀行系、消費者金融系、信販系など系統が異なれば複数社申し込みは問題無いとされるケースもありましたが、現在は会社同士の合併も多くそれぞれの機関に登録されている個人信用情報が相互利用されているため、系統に関係なく複数社申し込みは避けた方が安心です。
2~3社へ申し込みを行う場合には、1日に一社ずつという申し込み方法だと前日の申し込み履歴から他社で断られたのだと判断されてしまうこともありますので出来る限り同時にインターネットなどから申し込みを行うといった方法がおすすめです。

help-about-2返済の負担が減らせます!借り換えローンの詳細はコチラ