総量規制ってどんな法律なの?

平成18年12月に賃金業法が成立し段階的に施行され2010年6月18日に総量規制という重要な部分を含むすべての規定が施行されました。
総量規制とは個人の総借入限度額を原則 本人の年収の3分の1とするというものです。

具体的には年600万円収入があれば、総額200万円まで借入可能ということです。
個人顧客から新規の申し込みを受けた場合ローン会社は指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用して他社からの借入状況・残高などを調査します。
貸金業者は自社の残高が50万円超える貸し付けを行う際あるいは他の貸金業者も含めた貸付総額が100万超える貸し付けを行う場合には収入を明らかにする書類の提出を顧客に求め、その書類で年収の3分の1を超えないか確認をします。

さらに貸金業者は個人と極度方式基本契約(一度申し込みをすると限度額までは何度でも借入することが出来る方式)を交わした場合は定期的に途上与信の審査義務があります。
またこの総量規制は個人向けの貸付のみが対象であり法人向けの貸付や個人・法人向け保証は対象外であり、貸金業者の貸付が対象なので銀行法のもと営業している銀行系カードローンは対象外です。
そして総量規制には除外と例外があります。
除外は不動産ローン・車のローン・高額医療費の貸付・有価証券担保貸付等があります。

例外は、おまとめローン、緊急医療費の貸付、社会通念上必要と認められる費用を支払ための貸付・配偶者貸付等があります。
厳しくなりカードローンが組みにくいと思うかもしれませんが、総量規制は多重債務者の増加や貸金業者の貸し過ぎを防止するために設けられているのです。

help-about-2返済の負担が減らせます!借り換えローンの詳細はコチラ