申込み時に嘘をつくとバレますか?

借り換えのみならず、カードローンの申込み時には絶対に嘘の申告は避けましょう。
何故なら、嘘の申告はばれてしまうケースがほとんどだからです。

特に年収などは、審査が通りやすくなるのではないかと少し多めに申告したくなってしまう方もいるかもしれませんが、源泉徴収票等の収入を証明する書類を提出した際に必ず確認されます。
勤務先も同じような理由で虚偽申告したくなることがあるかもしれませんが、在籍確認がとれなければ嘘だということがわかってしまいます。
また現在の借入件数や総借入額を少なく申告しても、個人信用情報を確認した際にわかってしまうことですよね。
年齢や住所、電話番号などの個人情報も、もし嘘が記入されていれば何か隠したいことがあるのか?と不信感を抱かせる原因となりますので必ず真実を申告しましょう。

借り換えなど、カードローンの審査に通過するために最も重要なのは信用です。
申込み内容に虚偽の申告や不明な点などがあると、それだけで信用することが出来ない人物だと判断されかねません。

そして信用がなければ審査に落ちてしまいます。
真実を申告していれば審査に通過出来たのに、嘘の申告があったために審査に落ちてしまうということもあるのです。
記入ミスや入力ミスがあった場合も、内容によっては故意に嘘を申告したと判断されてしまうこともありますので、申込みを行う際は十分に注意しましょう。
また申込書に空欄があると何か疑問を抱かせてしまうことも考えられますので出来る限り全ての記入欄をうめるようにしてくださいね。

help-about-2返済の負担が減らせます!借り換えローンの詳細はコチラ