年金しか収入がなくても借り換えできますか?

借り換えを行うには通常の申し込みと同じように審査があります。
もちろん審査に通らないと借り換えを行うことはできません。
フリーローンの借り換えの審査は各金融機関ごとに行われ審査基準も各金融機関によりますが、審査項目はだいたい新規借入時と同じで年齢・年収・勤続年数・過去の利用履歴などがチェックポイントとなります。
年金受給者が借り入れできるかというと非常に難しいです。
たいてい申し込者の年齢は 20歳以上65歳未満と制限しており、年収は金額が200万円とあっても給与所得となっています。

そして勤続年数も重要な項目となっていることから基本ローンは働いている人を対象にしていることがわかります。
ローン以外では年金は公的なもので生存している限り受給できるものとされていますので継続的な収入とみなされることが多いのですが、借り換えなどローンを組む際は考慮されないことがほとんどです。
年金だけの収入で毎月返済するとなると家計を圧迫する可能性が高くなりますし、何よりも高齢であれば死亡リスクがどうしても高くなり返済できる期限が限られてくるからです。

しかし、年金しか収入が無くても数少ないですが借り換えを行える金融機関もあります。
年金を安定した収入とし条件を満たすことができる場合がありますし、消費者金融系では69歳以下まで借りれるところもあります。
この場合も70歳になった時点で新規借り入れできませんし、返済の期限も短く設定されることになります。

help-about-2返済の負担が減らせます!借り換えローンの詳細はコチラ