口座のあり・なしで申し込み時に違いはあるの?

銀行系のカードローンでも借り換え可能なフリーローンがありますが、申し込む際に銀行の普通預金に口座がある場合と無い場合では違う点があります。
WEBで申し込みをする場合、申し込みから融資を受けれるまでの早さが違う場合があります。
各会社の公式サイトを見てみると申し込みの案内があります。
申し込みの仕方は口座がある人と口座が無い人によって分けられる場合あります。

そして公式サイトをよく見てみると口座がある人は最短即日融資が可能となっていて、口座がない人は最短即日審査が可能となっているところもあります。
つまり口座がある人はWEB上の手続きだけでも当日融資を受けれる可能性があり、口座の無い人まずは口座開設をするのでは当日融資は難しいです。
また借り換えの手続きを申し込む際に普通預金口座を開設しなくてもできるというところもあります。
その場合返済はATMでの入金か他金融機関を登録しそこから引き落とすことになりますが、借り入れもATM利用の場合は

やはありカード発行が必須なのでカード受け取りまでに時間はかかります。
銀行系のカードローン会社では既に持っているカードをローン口座のカードとして使えるところもありますので、新たに一枚持つ必要がなく便利であるということがあります。
返済口座も既に持っている普通口座を指定できますので、生活費も含めたトータルでの一括管理ができます。
引き落とし日にうっかり間に合わず遅延するリスクも低くなります。

またなかには連動預金口座(普通預金と外貨預金)というものに預金をするとその額分のローン金利が0%、無利子になるサービスも行っているところがあります。
また借り換えの審査ではこれまでの借り入れ・返済状況も個人信用情報をもとにチェックされますが、口座があるからといって審査が甘くなり通りやすいということはありません。

help-about-2返済の負担が減らせます!借り換えローンの詳細はコチラ