初期与信ってなに?

初期与信とはカードローンやキャッシングなどの初めての申し込み時に審査を行い融資限度額や利用限度額を決めることです。
つまりこれは審査の結果申し込み者に対して最初に一体どのくらいの金銭的信用を与えるのかということです。
初期与信はスクリーニングとも言われていますが、融資限度額や利用限度額の決定基準はそれぞれ金融会社によります。

例えば、カードローンを初めて申し込む人に50万円の融資限度枠を設定するということは、カードローン会社はその人の属性を審査し信用して50万円までなら貸します、またそのリスクはカードローン会社が負担しますということです。
与信というのは借りる人の「返済能力」「返済資質」「返済担保」から評価されるものですが、初めてのカードローン等の申し込みでは具体的な返済資質である過去の利用履歴などは無いので、まずは一般的な情報である年齢・年収・職業などの属性のみで審査され申し込み者の条件に合う融資限度額を選び出すのです。

カードローン会社等の貸し手のリスクを考えると初めてのクレジットカード申し込みで高い融資限度額枠を与えられることはよほど信用の高い属性でなければまず無いと言ってよいでしょう。
初期与信枠がたとえ希望より低くても、まずはしっかり健全かつ計画的に返済の実績を作る必要があります。
しっかりと借入・返済履歴を作ることができればカードローン会社への信用も高くなり融資限度枠は段々と上がっていくはずです。

help-about-2返済の負担が減らせます!借り換えローンの詳細はコチラ