借入が年収の1/3を超える場合の借り換え

消費者金融やクレジット会社からの借り入れには、総量規制と呼ばれる年収の三分の一を超える借り入れは出来ないという決まりがあります。
ですが除外となる貸付けや例外となる貸付けがあり、例外となる貸付けのひとつに借りる人が一方的有利となる借り換えというものがあります。
借りる人が一方的有利になる借り換えとは返済総額や毎月の返済額が少なくなることを意味しますので、借り換えローンやおまとめローンのことを指すのです。

つまり消費者金融やクレジット会社など総量規制の対象となる金融会社であっても、現在借り入れている金利よりも低金利で借り換えたり低金利のローンに一本化するなど借り手側に一方的に有利な借り換えであれば借入残高が年収の三分の一を超えてしまっても利用出来るということなのですね。
もちろん申し込んだすべての方が借り換え出来るということではありませんが、申込みを行い審査に通過することが出来れば借り換えが可能です。

複数の金融会社からの借り入れを一本化する際などは特に高額の借り換えになる事が多いものです。
総量規制という決まりに除外や例外があることはあまり知られておらず、中には借り換えを諦めていたという方もいるかと思います。
そんな方はもう一度借り換えの検討をしてみても良いかもしれません。
借り換えローンやおまとめローンを利用することで返済日の管理がしやすくなり返済総額が大きく変わってくるケースもあるでしょう。

sck1208-isd02-01返済の負担が減らせます!借り換えローンの詳細はコチラ