借り換え時に必要な書類

カードローンの借り換えを行う際、申し込み時に必要となる書類は以下の二つです。

・身分証明書
免許証や健康保険証、パスポートなどです。
中でも最も良いとされるのは顔写真が付いている公的機関によって発行されたものですので、免許証がベストでしょう。
注意しなければならないのは、免許証の住所変更をされていないという方です。
免許証に記載されている住所と現在住んでいる住所が異なる場合には、現在住んでいる住所を証明することが出来る公共料金の請求書や領収書なども追加で必要となりますので、こちらも忘れずに用意しておきましょう。

・収入証明書
収入証明書も借り換えの申し込み時には必要となるケースが多い書類です。
こちらも身分証明書と同様公的機関により発行されるものが基本となっていますので、年収を確認することが出来る源泉徴収票や住民課税決定通知書が主となります。
自営業やフリーランスで仕事をされている方など源泉徴収票が無いという方は、確定申告書を提出することとなります。
またこのような書類を用意することが難しいという場合は、給与明細書を直近数か月分提出することで対応可能としている金融会社もありますので、確認してみましょう。

借り換えに限ったことではありませんが、足りない書類などがあると申し込みも二度手間になってしまいます。
借り換え時に必要な書類は基本的にこの二つですので事前にしっかりと用意しておくとよりスムーズに借り換えを行うことが出来ますね。

help-about-2返済の負担が減らせます!借り換えローンの詳細はコチラ