借り換えローンのメリット・デメリット

借り換えローンのメリットとしてまず挙げられるのは、支払い総額が減るという点です。
一般的にカードローンの借り換えは現在利用しているものよりも低い金利に変更されるケースが多いですので、支払う利息が減り、結果支払い総額も減るということです。
例え1%~2%程度の金利の差であっても、借り入れている金額が大きければ大きいほど支払う利息の差は大きくなり、支払い総額にかなり大きな差が出る事もあるでしょう。

また複数の会社から借り入れているカードローンを一本化するという場合は、返済日を1日にまとめることが出来るといったメリットもあります。
一ヶ月に複数の会社への返済があると、それぞれの返済日や返済額などをきちんと把握しておかなければなりません。
常に返済という事が頭から離れず精神的な負担になってしまったり、うっかり返済日を忘れ滞納してしまうということも考えられます。
返済日を1日にまとめることが出来れば月に一度の返済で良いので返済日を忘れてしまう心配も無くなり余計な負担が無くなりますね。

反対にデメリットとして挙げられるのは、審査がやや厳しく時間がかかることもあるという点です。
借り換えローンの申込みは一般的なカードローンの申込みに比べて金額が大きくなる場合が多く、その分審査が厳しくなってしまったり時間がかかってしまったりするケースもあるようです。
また借り換えをしたことで安心し過ぎてしまい、その後の返済の責任感が弱くなってしまうということもあるでしょう。
借り換えローンは利息の見直しや複数のカードローンの一本化で自身の借り入れをスマートにすることが出来ますが元の借入金額が減るわけではありません。
借り換え後もしっかりと責任感を持ち返済していくことが大切です。

sck1208-isd02-01返済の負担が減らせます!借り換えローンの詳細はコチラ