保証人や担保は必要ですか?

まず消費者金融の借り換えローンについてですが、貸金業法の改正以前、消費者金融の借り換えローンやおまとめローンの多くには保証人や担保が必要とされていました。
ですが現在の貸金業法では借り換えについて顧客に一方的に有利な借り換えということが条件となっており、借り換える前に比べて顧客が不利益となるような保証人や担保をつけることは出来ないとされています。

ですので、消費者金融の借り換えローンには保証人や担保が必要ありません。
ただし銀行の借り換えローンに申込む際には保証人や担保が必要かどうかといった点を確認する必要があります。
銀行の借り換えローンであっても基本的には保証人や担保は必要無しという場合がほとんどなのですが、大口カードローンの契約には稀に保証人や担保が必要となるケースがあるからです。

借り換えローンは複数の金融会社からの借り入れを一本化するという方も多く、既に多額の借り入れがある場合にはかなり高額の融資になるでしょう。
銀行のカードローンでは巨額の融資を行う際に保証人や担保が必要になることがあり、そのような場合には仮に審査に進むことが出来たとしても保証人や担保を求められることがあるのです。

借り換えローンであっても基本的には必要無しとされている保証人や担保ですが、万が一求められた際にすぐに用意できるものではありません。
かなりの高額融資になるという方は、事前にしっかりと確認しておくと安心ですね。

help-about-2返済の負担が減らせます!借り換えローンの詳細はコチラ