どうしても返済できなくなったら

返済が苦しくなってきたら借り換えやおまとめローンといった方法もありますが、返済ができず返済のための策もすべて絶たれてしまった時にはどうしたらよいのでしょうか。
かろうじて借りれるところから追加の借り入れを行って返済にあててもいわゆる自転車操業で多重債務に陥り状況は改善されず酷くなるばかりです。

まず、カードローン会社には正直に申告することが一番です。
無断で滞納し続けたりせずまずは誠意をもって現状を伝えます。
さらにどうしても返済ができない場合既に個人の知恵や努力ではどうにもならない事が多いので、状況がさらに悪くなる前に信頼できる機関に相談する事をお勧めします。
日本には多重債務等により返済が不可能となった場合に債務整理という救済システムがあります。
債務整理は必ずしも弁護士などの専門家を通して行わなければならないという規定はありませんが、よほど本人にその知識が無い限り無理ですし、このような状況下で正確な判断で最善を導き出すのは困難ですので専門家の協力が必要です。

ではどこへ相談するか、例えば区役所などの無料法律相談や法テラスがあり、専門家が借り入れの状況から判断して返済方法や解決策を提案してくれます。
法テラスでは経済的に余裕の無い人には無料の法律相談を行っています。
収入が一定額以下であるなどの条件を満たす必要がありますが、サポートダイヤルで問い合わせてみたり、公式サイトで無料診断可能か診断することができます。
弁護士専門家であってもなかなか借金の相談はしにくいものですが公式サイトを見るとローン返済についてのQ&Aもありますので参考になります。

help-about-2返済の負担が減らせます!借り換えローンの詳細はコチラ